間違っていませんか? 美容や健康に効果のある水の選び方

Pocket

 間違っていませんか? 美容や健康に効果のある水の選び方


前回、水を飲むことで美容や健康に効果があるとお伝えしましたが、水は何でもいい、というわけではありません。

 

今回は、”美容や健康に効果のある水の選び方”のお話です。

 


水を飲むときは、原則として、水道水の水ではなくボトル入りの水を選ぶようにしましょう。

 

その理由は、水道水には、微量ながらニトロセルロース、鉛、アルミニウム、農薬など化学的な汚染物質が含まれているからです。

 

ただし、ボトル入りの水でも、必ずしも純粋であるとは限りません。

汚染されていない地下水源を保証しているのは、WHO(世界保健機関)の基準で天然のミネラルウォーターだけです。

 

 

■ ミネラルウォーター

 

ミネラルウォーターを飲むことで得られる美容効果は、代謝を促進することです。

美容や健康を重視したい方は、カルシウムやマグネシウムの含んだミネラルウォーターがおすすめです。

 


■ ミネラルウォーターに含まれるミネラルと効用

 


マグネシウム・・・・ビタミンB群の働きを高め、代謝に関係する酵素を活性化する

カリウム・・・・・・血圧上昇を防ぎ、便秘解消を促す効果がある

バナジウム・・・・・糖質や脂肪の代謝、生殖機能を高める働きがあり、糖尿病を改善する

亜鉛・・・・・・・・味覚を正常に維持し、活性酸素や老化の抑制、精神安定の効果がある

ゲルマニウム・・・・活性酸素の生成を抑制し、高血圧の予防にも役立つ

鉄・・・・・・・・・体内に酸素を送り届ける役割を持ち、赤血球のヘモグロビンを作る

ナトリウム・・・・・筋肉の収縮に重要な役割を促す

カルシウム・・・・・骨や歯の主要成分のひとつで、精神状態を安定だせる作用がある

 

 

このようにミネラルウォーターには、美容や健康に効果的な要素が含まれているのです。

 

次に、実際にミネラルウォーターを選ぶ際の注意点です。


ミネラルウォーターは、含まれるミネラル(カルシウムやマグネシウム)の濃度によって硬度が決まります。

 

WHO(世界保健機関)の基準では、


軟水    硬度   0~60未満 
中硬水   硬度  60~120未満
硬水    硬度 120~180未満
非常な硬水 硬度 180以上


に分類されています。

 

ヨーロッパ産のミネラルウォーターは硬水が多いです。


硬水に多く含まれるマグネシウムが、腸により多くの水分を集める働きをしてくれるので、便秘に良いといわれていますが、

人によっては下痢になることがあります。


また、塩分や苦みがあり、飲み慣れていない日本人には飲みにくく感じることがあります。

 


飲みやすさでは、軟水がおすすめです。


日本の水のほとんどは軟水や中硬水なので、一般的に日本人が飲みなれているのが軟水といわれています。


ですので、硬水を飲みたい方は、いきなり硬水から飲むのではなく、初めは軟水から飲み始めて、中軟水、硬水に慣らしていくのが良いでしょう。

 

Pocket