睡眠不足の危険性!?

Pocket

睡眠不足の危険性!?

 

今回は、”睡眠不足の危険性!?”についてお話します。

 

不規則な睡眠が続くと、体内時計に狂いが生じて、毒素排出に支障をきたすことがあります。

 

sponsored links

 

また、その反対に規則正しい生活をしているとストレスが溜まりにくくなり、基礎代謝も自然に向上するようになります。

 

多忙やストレス、睡眠不足などによって、体内時計が狂ってしまった場合は、なるべく規則正しい生活に戻すことなどの他に、朝の日光浴で修正することができます。

 

 

体内時計の本体は、脳の視交叉上核(しこうさいじょうかく)という場所にあります。

 

朝、目から入ってくる太陽光線の情報は、視神経を通って視交叉上核へと伝えられて、さらに松果体へと送られて体内時計を調整する「メラトニン」というホルモンを生成します。

 

この「メラトニン」は、体内時計の修正になくてはならないホルモンで、不足してしまうと睡眠リズムが崩れてしまいます。

 

夜型の人は不足しているホルモンです。

 

睡眠リズムが崩れて、なかなか夜寝つけられずに朝がつらい、という方は、1週間ほど頑張って早起きしてできるだけ日の光を浴びる生活を続けると寝つきが良くなります。

 

睡眠不足は、体内時計が狂ってしまうと毒素の排出に支障をきたしてしまいます。

睡眠を十分にとった生活は、ストレスが溜まりにくく基礎代謝が向上し集中力も高まります。

 

 

多忙でない時期は、なるべく規則正しい生活を心がけましょう。

 

sponsored links
Pocket

2017年11月10日