簡単に美容効果のある水素を摂る方法4つ

Pocket

 簡単に美容効果のある水素を摂る方法4つ

 

前回、前々回に引き続き、今回も、水素水についてのお話です。

 

水素を摂取することで体内にもたらす効果や、具体的な美白・美肌・ダイエット効果をお話してきました。

今回は、そうした水素を体に取り入れる方法をお伝えして行こうと思います。

 

 

■ 水素水を飲む

 

 

水素を体に取り入れる方法として手軽な方法としては、水素水を”飲む”方法があります。

実は、水素水を”飲む”方法でも色々な方法があります。

 

 

  1) アルミパック・アルミ缶

 

アルミボトルタイプの水素水は、アルミ缶タイプのボトルに濃縮した水素ガスを注入したタイプです。

手軽にどこでも飲めるのが特徴ですが、一度栓を開けると水素が抜けてしまいやすく、すぐに飲みきらないといけない難点があります。

 

  2) サプリメント

 

カプセルタイプで、手軽に水素を摂ることができます。

1日分の摂取は約1~3粒。

水に溶かして飲むのではなく、そのまま薬を飲むように、水かお湯と一緒に飲みます。

一度にたくさん水を飲めない人や、アルミパックのように一度栓を開けて水素がぬけてしまうという心配がありません。

 

 

  3) 水素発生スティック

 

水の入ったペットボトルや携帯水筒に入れて使う、スティックタイプの水素発生器具です。

挿入して30分程で水素水になります。

携帯して持ち歩き、出先で購入した水に入れて使うことができるので便利です。

ただ、器具の素材がマグネシウムで出来ている物は、水に独特の金属の臭いが残ることがあります。

 

 

  4) 携帯用水素水生成器

 

マジックペンよりちょっと太めのサイズの携帯型水素生成器です。

 

市販されているミネラルウォーターのペットボトルに差し込んでスイッチを押し、約3分ほどで水素水が出来上がります。

生成した水素水への溶存性が高く、透過性の高いペットボトルでも48時間たっても水素が残っています。

電池式で、バッテリー切れの時には、乾電池を交換して繰り返し使えます。

 

ただ、ミネラルウォーターに含まれているミネラルに反応するので、水道水や炭酸水、その他の清涼飲料水には使用できません。

 

  5) 水素水サーバー

 

水素水サーバーは、屋内設置タイプの専用機器です。

電気分解作用で水素を発生させるものです。

 

機器は大型で場所をとるタイプの物が多いですが、作りたてで高濃度の水素水をいつでも飲むことが出来るのがメリットです。

ただ、機器の価格自体が高額で、中には100万円以上するものもあります。

 

水素は通常、水から揮発してなくなりやすい物質ですが、高額なサーバーには、水素濃度を高くする機能が備わっています。

 

 

■ 入浴剤として使う

 

その他には、入浴剤にも用いられていて、入浴の際に全身から水素を吸収する方法があります。

効用としては、身体が温まった、という感想が多かったです。

直接、皮膚から吸収するので効果が現れるのが早いように思います。

 

 

■ 化粧品として使う

 

最近は、化粧品にも水素が取り入れられているものもあります。

しみやくすみのある部分に、水素を含んだクリームや水素のはいったパックなどがあります。

 

 

■ その他の利用方法

 

他に、花粉症の方で鼻を洗う時に、水素水を使うという方法もあるようです。

さらに、目を洗う時も水素水を使う方法もあるようです。

 

 

このように、いろいろな摂取方法がありますので、ご興味のある方は、ご自分に合った方法でお試しください。

 

Pocket