知っていましたか!?正しいシャンプーの仕方

Pocket

知っていましたか!?正しいシャンプーの仕方

 

普段、枝毛を気にされていらっしゃる方は、今回のシャンプーの仕方と、次回お伝えする予定のドライヤーのかけ方をお読みください。

私自身も枝毛が改善されてきましたのでお勧めです(*^_^*)

では、今回は、”正しいシャンプーの仕方”についてお話します。

 

まず、シャンプーで気をつけたいことは、髪だけではなく”頭皮”をしっかり洗うという事です。

前洗いも、シャンプーもすすぎも、髪だけではNGです。

正しいシャンプー方法を知って、トラブルのないつやつやの髪を手に入れましょう。

 

■ 1)ブラッシングする

 

目の粗いプラシでブラッシングします。

髪のもつれを取り、ほこりなども落とします。

 

■ 2)地肌を濡らす

 

およそ38度~40度くらいのお湯で、地肌から濡らします。

地肌がしっかり濡れていないと、シャンプーが中々泡立ちません。

スタイリング剤をつけている場合は、お湯を当てて指の腹で揉みほぐしましょう。

この前洗いで、地肌と髪の汚れの大半を落とすことが出来ます。

 

■ 3)水気をきる

 

手のひらを合わせて、毛先の水をきります。

ショートヘアの方は、オールバックにすると水気がきれやすいです。

 

髪から水がポタポタと落ちるくらい濡れたままですと、お湯と一緒にシャンプ剤ーが流れてしまい、中々泡立たないことになります。

そうすると、今度は必要以上に髪がこすれてしまい、髪の痛みの原因になってしまいますので、シャンプー前の水はしっかりときりましょう。

 

■ 4)シャンプーする

 

シャンプーの量は1プッシュ程度です。

髪の長さによってシャンプーの量を調整しましょう。

 

まずは、手のひらで泡立てます。

原液をそのまま直接つけると、頭全体に行き渡らず、洗い残ししやすくなってしまいます。

 

シャンプーで一番洗わないといけない部分は頭皮ですので、泡立てたシャンプー剤は、髪の毛ではなく、地肌に直接つけていきます。

ロングヘアーなどの方で、後頭部が洗いずらい場合は、髪をめくって上から下へつけていきます。

 

そして、頭皮から洗っていきます。

 

頭皮がきちんと洗えていないと、皮脂がたまって毛穴を塞いでしまい、直毛の人でもクセ毛になったり、臭いの原因にもなってしまいます。

わしずかみするように頭皮をつかんで、指の腹で円を描くようにマッサージするように洗っていきます。

時間に余裕がある方は、さらにジグザグな動きを加えてマッサージしていきます。

こうすることで、さらに毛穴もきれいになり、血行も良くなり、健康な髪が育ちやすくなります。

 

耳の後ろや襟足の洗い漏れにも気をつけましょう。

 

■ 5)しっかりすすぐ

 

頭皮にシャワーヘッドを当てて、地肌から洗っていきます。

手の動きは、頭皮マッサージと同じように、指の腹で円を描くように動かします。

 

■ 6)なるべく早く水気を切り

 

そして、濡れた髪は、放置しないでなるべく早く髪の水気を切り、乾かしましょう。

乾いたタオルなどで水分を水気を切っていきます。

 

ただし、タオルで水分を水気を切っていくときは、タオルでゴシゴシ拭かないようにしましょう。   濡れたままの髪の毛はキューティクル開いている状態で、こすってしまうとキューティクルが傷ついて、ダメージヘアになってしまうからです。

 

Pocket