あなたの洗顔方法、間違っていませんか?

Pocket

 正しい洗顔方法

ところで、脂性肌やシミ・くすみが気になるの方など、洗顔で脂(皮脂)を全て落としてしまおうと思っていませんか?

スポンサードリンク

 

例えば、洗顔など1度に2回してしまうとか。

 

夏場など汗を多くかく時期などは、なるべく洗顔で脂分を取り除いた方がお肌が綺麗になるように思いがちです。

 

確かに、1度に2回洗顔をしたほうが、さっぱりするかもしれませんね。

 

けれども、2回洗顔は決して肌に良いわけではありません。

むしろ、肌を傷めてしまい、肌の力を弱めてしまうのです。

 

実は、皮脂は外的の刺激から肌を守る大切なバリアでもあるのです。

そして、肌の角質細胞間脂質は角層内に水分を抱え込んで乾燥を防ぎ、肌本来が持つ力を引き出すことに関わっています。

 

けれども、皮脂を取り過ぎたら、洗顔後化粧水と乳液で保湿をすれば良いのでは?と思うかもしれませんが、

皮脂を失うと機能が回復するのに数日がかかり、普段ならかぶれない様な成分に反応してしまいトラブルの原因になりかねません。

 

ですので、そういったトラブルを起こさないためにも、過剰な洗顔方法は避けたほうがよいのです。

 

洗顔の目的は、酸化した皮脂と汚れを落とすことです。

 

肌には自浄作用があり、汗とホコリは、ぬるま湯で十分に落とせます。

大切な皮脂を守りながら不要な汚れだけを落とすようにしましょう。

 

そうすれば、ニキビ、乾燥性敏感肌、肌に合う化粧品が見つからないといったお悩みや、様々なトラブルが解消することもあるのです。

 

2013年10月4日