水療法で得られる効果とは!?

Pocket

水療法で得られる効果とは!?

以前に半身浴についてご紹介しましたが、今回は、水療法についてお話します。

スポンサードリンク

半身浴も水療法ですが、半身浴以外にも、いろいろな水療法がありますのでご紹介しようと思います。

水療法には、サウナやスチームバスのほか、水を使って家庭でみ試せる様々な方法があります。

目的はどの方法でも、肌をキレイにして全身の新陳代謝を活性化させて、血流やリンパの流れを促進させることです。

そこで、水療法の効果を高めるためには、水の温度差を利用することです。

例えば、理想的なサウナの使用方法としましては、サウナにただ、じっとして座っているだけではなく、間に冷たいを浴びたり、泳いだりすることです。

これによって、短時間で大量の汗を流すことが出来ます。

また、およそ3~5分間、冷水に身体を浸して浴槽からでると、血液循環は4倍も増進され、リンパの流れも促進されます。

さらに、冷水浴は、動脈を拡張する効果があり、体内の白血球生産も活性化され、有害物質を消滅させる効果もあります。

新陳代謝を高め、カロリー消費量をアップにつながります。

水療法を習慣化して、長期間に水療法をすることによって、免疫力を高め感染症にもかかりにくくなったりします。

このように、冷水浴は、血液循環に大きな効果をもたらします。

次回は、具体的な水療法の方法をお伝えします。

2014年1月17日