寝る1時間前に〇〇を口にするだけで脂肪燃焼するって本当?!

Pocket

寝る1時間前に〇〇を口にするだけで脂肪燃焼するって本当?!

 

最近は、健康や美容に気を付けている方だけではなく、ごく一般的にオーガニック食品を選ばれる方も多くなっています。

口から体の中に入るものですから、それはやはり、添加物のない自然由来のものが好まれているようです。

そんな添加物の入っていない自然由来のもので、寝る前に摂ると脂肪燃焼効果があるものがあるのです。

 

実は、甘い、というイメージあってダイエットには一見向いていないと思われがちですが、実は上手に摂ることでダイエット効果も期待できるのです!

そこで今回は、寝る前に取ることでダイエットに効果のある方法をご紹介したいと思います。

 

sponsored links

それは、”はちみつ”なのです。

 

寝る前にちみつを摂ることでダイエットができるのです。

ダイエットの基本として、まず、甘いものは避けるべきと思われがちですが、”はちみつ”には質のよい睡眠を誘う効果があるので、午後10時~午前2時までに最も多く分泌されるといわれている成長ホルモンの分泌を活発にして、脂肪燃焼の効果が高まると言われています。

 

また、午後10時~午前2時は美容のゴールデンタイムともいわれています。

寝る前に、はちみつを摂ることで、ダイエット以外にも様々な効果が期待できると言われています。

 

はちみつの特徴

 

① 美肌になる

はちみつには、皮膚や粘膜を健やかに保つビタミンB群や、ミネラルも多く含まれていて、摂取することでお肌の調子を整えて、美肌に導くと言われています。

 

② 便秘を解消する

ヨーグルトなどは、整腸作用があるといわれていますが、はちみつにも、腸内環境を整える善玉菌を増やす効果があって、便秘解消効果があります。

 

③ 免疫力アップ

はちみつには、ミツバチの作り出す酵素がたくさん含まれていて、その働きによって免疫力が向上して、風邪やインフルエンザなどの感染症にかかりにくくなる効果があります。

また、抗菌・抗炎症作用によって、口内炎を改善したり、虫歯・歯周病の予防にも効果があると言われています。

 

④ 疲労回復

はちみつは体内に入ってすぐ摂取されるので、含まれている栄養がスピーディーに使われ、疲労回復効果があると言われています。

 

⑤ 薄毛対策

成長ホルモンの分泌が活発になって、薄毛にも効果があると言われています。

 

はちみつダイエットの正しい方法

 

実は、ちみつダイエットは、はちみつを摂るタイミングがとても大切になります。

それは、寝る1時間前に摂るのがベストだと言われています。

はちみつの摂取量は、大さじ一杯ほどで大丈夫です。

そのまま舐めてもいいですが、適量のお湯に溶かしてゆっくり飲むのがよいでしょう。

また、はちみつは加糖のものではなく、〝純粋はちみつ〟と書かれているものを選ぶようにしましょう。

そして、はちみつを摂った後は、成長ホルモンの分泌を促すために、6~7時間ぐっすり睡眠をとるようにしましょう。

 

はちみつダイエットは、寝る前にはちみつを摂ることと、しっかりと寝ることがとても大切になります。

 

寝る前にハチミツを食べても太らないの?

 

はちみつは舐めると甘いですよね。

糖質を含む食品のため、当然ながら食べ過ぎては太ってしまいます。

はちみつダイエットでは、大さじ一杯のはちみつを摂ることになっていますので、効果を高めたいからといってそれ以上量を増やしてしまうと、逆に返って太りやすくなってしまうので注意が必要です。

 

また、はちみつダイエットを始めると、単純にそれまでの食生活に大さじ一杯分のはちみつの糖質がプラスされることになります。

それが毎日となれば、糖質の摂り過ぎになってしまうので、はちみつで糖質を摂る分、食事では糖質を控えめにすることが必要になります。

 

簡単に出来るダイエット方法なので、是非かんばってみてください!

 

sponsored links
Pocket

2017年11月11日