運動もせず、食事も一杯食べているのに、あの人が痩せている意外な理由7つ

Pocket

運動もせず、食事も一杯食べているのに、あの人が痩せている意外な理由7つ

 

今回は、”運動もせず、食事も一杯食べているのに、あの人が痩せている意外な理由7つ”についてお話します。

 

友達や、良く知っている人で、”運動もせず、食事も一杯食べているのに痩せている”人っていますよね?

とくに、ダイエットしているわけでもないのに、痩せている人を羨ましく思ってしまいます。

 

実は、意識的にダイエットしなくても、意外な習慣で痩せることができるのです。

 

その意外な習慣とは、”消化”に関係があります。

 

よく、食べ物を”消化の良いもの”と”消化のよくないもの”というように分けていうことがありますが、

あなたは、食事の時に“消化”という言葉を意識したことがありますか?

 

実は、痩せている人は自然と“消化が良い食べ方”をしていたのです。

 

消化が悪い食べ方をすると、胃腸に負担がかかり、身体に様々な悪影響を及ぼし、結果的にどんどんと太ってしまいます。

英語圏の情報サイト『MindBodyGreen』の記事に掲載されていた、痩せている人に共通した7つの“消化の良い食べ方”をご紹介します。

 

(1) 本当にお腹が空いている時に食べる

 

食事をする時に、本当にお腹が空いているのか、考えてみましょう。

もしかしたら、

・暇だから何か食べたいと思った

・気分転換に、ちょっと食べてみよう

というように、気軽に食べてしまっているかもしれません。

本当にお腹が空いている時に、食べるようにしましょう。

 

(2) 身体に良い食べ物でも、自分が好きではない物は食べない

 

身体に良いと言われている食べ物でも、好きでない物を食べることは、身体や脳が欲する欲望に反しています。

その結果、どうなるかといいますと、実は、消化が悪くなってしまいます。

 

(3) 好きな人と好きな場所で食べる

 

リラックスしている時に、人間の消化作用は働きます。

緊張していたり、嫌いな人と食べたり、苦手な場所で食べたりすると、リラックスできないので胃腸が働かず、消化が悪くなってしまいます。

 

(4) テレビを見ながら食べない

 

テレビ番組には討論や競争の内容が多く、知らない間に身体にストレスを与えています。

ネガティブな内容はストレスがたまる引き金となり、見ながら食べることで、知らない間に消化が悪くなってしまいます。

 

(5) 過剰な味つけの商品は食べない

 

焼き過ぎたり、生焼き状態だったり、しょっぱすぎたり、甘すぎたりといった、過剰な味つけの食べ物は避けるようにしましょう。

 

(6) ストレスがたまっている時、感情的になっている時は食べない

 

ストレスがたまって怒っていたり、心配事があったり、混乱状態になったりしている時は、食べて発散する習慣ははやめましょう。

感情的になっている時は消化が遅くなってしまいます。

 

(7) 食事中や食事前に冷たい飲み物は飲まない

 

食事中に氷水や冷たい飲み物を飲むのはよくありません。

胃腸の機能が弱まり、消化吸収が妨げられてしまいます。

 

いかがでしたか?

普段から、ストレスを溜めないことや、ストレスを食事で解消するといった習慣は、消化に良くはなかったのです。

食事の際は、なるべくリラックスできるようにして食べるようにしましょう。

 

今回の7つの習慣は、誰でも簡単にできることですので、食事の時に思い出すようにしましょう。

 

Pocket