デトックスダイエットのストレス解消方法(3/3)

Pocket

デトックスダイエットのストレス解消方法(3/3)

今回は、”デトックスダイエットのストレス解消方法(3/3)”についてお話します。

今回は、「ハーブティー」についてお話します。

ハーブは、心と体を癒すのに用いれられていて、欧米では「メディカルハーブ」と呼ばれています。

スポンサードリンク

ハーブの用途は色々ありますが、植物の薬効をもっとも有効に引き出せる方法が「ハーブティー」です。

「ハーブティー」は、体調に安定感をもたらし、気分を落ち着かせる効果があります。

「ハーブティー」の作り方は、紅茶とほぼ同じですが、ハーブティーの蒸らし時間は紅茶よりも長めです。

紅茶で使用するティーリーフ(茶葉)をハーブティーでは、「ドライハーブ(乾燥タイプ)」、「ローハーブ(非乾燥タイプ)」と呼びます。

ドライハーブに比べて、ローハーブの場合の蒸らし時間は若干長めになります。

では、ハーブティーの作り方です。

① ドライハーブで5g(小さじ山盛り1杯)、ローハーブで20gのハーブを使用します。

② ポットにハーブを入れて、熱湯を注ぎます。

③ 蓋をした後、ドライハーブで5~6分、ローハーブで10分程度蒸らします。

④ 好みで、ハチミツやジャムを入れます。

ハーブの種類と薬効です。

パッションフラワー (鎮静作用をもたらします)

ローズヒップ    (強壮作用があり、ビタミンCが豊富に含まれています。利尿・強肝作用があり、慢性疲労、夏バテにも)

リンデン      (神経を鎮め、発汗を促します)

ダンディライオン  (肝臓、腎臓の働きを助け、代謝を活性化することで利尿を促します)

チェストツリー   (女性ホルモンの分泌を調整します)

ペパーミント    (痛みを和らげる作用があります)

レモンバーム    (頭痛、発熱、吐き気などに)

ローズマリー    (疲労回復、頭痛、肩こりの改善に)

エキナセア     (免疫力の強化作用があります)

エルダーフラワー  (消炎作用があります)

ネトル       (抗アレルギー作用があります)

ジンジャー     (血液循環を改善します)

ヤロー       (発汗を促しながら、利尿を促進します。免疫力を高める効果もあります)

マザーワート    (月経の遅れからくる緊張を鎮めます)

2016年5月22日