シミ・シワにならないために、紫外線から肌を守る食品

Pocket

 シミ・シワにならないために、紫外線から肌を守る食品

 

”抗酸化物質”は、老化を促進させるといわれている”活性酸素”を破壊させる際に重要な役割を果たします。

 

 

そこで、まず活性酸素についてをご存じない方のために、活性酸素についてお話します。

 

 

“活性酸素”とは、からだを活性化する酸素のことではなく、その意味はまったく反対で、酸素自体が活性化して、

“からだを傷つけてしまう酸素になった”ものです。

 

 

紫外線は、単に肌にシミやソバカスをつくってしまうだけでなく、皮膚に深いシワを刻み込みます。

 

最悪の場合には皮膚ガンなどの要因と言われています。

 

この紫外線が皮膚に当たると、その当たった部分に“活性酸素”が発生して、細胞を酸化してしまうのです。

 

 

細胞が酸化されると、細胞が死んでしまったり、本来持っている機能が働かなくなってしまいます。

こうなっては大変なので、酸化の害がそれ以上広がらないように食い止めようと、“メラニン色素”が活躍します。

 

大切な細胞が紫外線により発生した“活性酸素”によって酸化されていくのを防ぐために、チロシンという物質が代わりに酸化され、

その結果できてしまうのがメラニン色素=シミなのです。

 

また、紫外線による“活性酸素”の影響によってシミやソバカスをつくってしまうだけでなく、皮膚の老化を促進させてしまうのです。

 

 

そういった理由から、抗酸化物質の摂取が大切になってきます。

 

抗酸化物質は、ビタミンA、C、E、ビタミンB群、ポリフェノール、カロテノイドなどがあります。

 

近年注目されているポリフェノールには、ブルーベリーなどに含まれるアントシアニン、大豆に含まれるイソフラボンやサポニン、

ゴマの成分が変化してできるセサミノール、そばに含まれるルチン、緑茶のカテキンと発酵茶(紅茶・ウーロン茶など)のテアフラビンの総称であるタンニンなどがあります。

 

カロテノイドは、緑黄色野菜や果物など多くの食品に含まれるβ-カロテンやリコピン、えびやかになど甲殻類や、さけ、ますなど魚類がもつアスタキサンチンなどが知られています。

 

 

春先や夏は紫外線が強くなりますので、普段の食事にこういった食品を加えてみましょう。

 

Pocket