何を食べてもいい?! 「8時間ダイエット」

Pocket

 8時間ダイエット

 

ダイエットをしようと決意した人にとって、まず気をつけることは、

 

”食事制限”や
”カロリーの低いものを食べるようにする”
”油っこい食事を避ける”
”運動を始める”

 

など心がけようとするのではないでしょうか?

 

でも、、

スポンサードリンク

”おいしいものは我慢できない”
”ストレス解消のために甘いものは欠かせない”
”運動は3日坊主で続かない”

 

といった事などでダイエットを挫折された方も少なくないと思います^^

 

「8時間ダイエット」は、”8時間”だけ食事を我慢する、といったことではなく、
むしろ”8時間”は何を食べてもよい”のです。

 

そこで、”何を食べても痩せられる”と言われても
中々実感出来ないと思います。

 

「8時間ダイエット」は、David Zinczenko氏とPeter Moore氏の著書によるものなのですが、食事とダイエットの関係は、人間の体内の消化活動と関係があるといわれています。

 

この「8時間ダイエット」の方法は、消化できずに残された食事が脂肪に変わってしまうことを避けられるようです。

 

「8時間ダイエット」では1日24時間のうち、8時間内に3食を済ませれば、残り時間は16時間になります。

 

食事時間を短くすることによって消化時間が長くなり、食べたものをすべて消化可能になる、というダイエット方法なのです。

 

つまり、食べたものが全て消化さえすれば、脂肪に変わることはなく、摂取したエネルギーは脂肪燃焼などに使われて、ダイエットの減量効果があるということです^^。

 

具体的な実践時間ですと、朝食9時から夕飯17時、 朝食11時から夕飯19時ですね。

 

体験された方の中には、1週間で4.5キロの減量に成功された方もいらっしゃるようです。

 

食事の摂取時間を”8時間”以内に収めさえすれば、何を食べてもよいので、”食べたいものを我慢”せずにダイエット出来ます^^

 

2013年9月30日